All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'05.19 (Fri)

亡きおじいちゃんの声…

今朝長く寝てしまった後の起床。
ギリギリまで夢を見ていました。

夢で私は駅長さんの格好をしていました。
多分仮装しているか、何かを演じていました。
アドリブで台詞も言いました。
本物の蒸気機関車から降りて、沢山の人のいくつもある列に並ぼうとします。
小・中・高校と同じ学校だったコンジ(あだ名/♂)がいたので、
「これで私達は一番目立っているね。他の人達、普通の格好だもんね」
と言いました。
コンジはウンと微笑んでいました。
ちなみにコンジとは特別仲が良かった訳ではありません。普通でした。

私の後ろに小さい子がいました。
その子に父方のおじいちゃんが背中を押しながら諭す言葉を言ってました。
何となく男の子だったような…2才かその位の。
私は背中でそれを聞きながら、
「あ、じいちゃんが喋ってる…私もじいちゃんと話さなきゃ」
と思うんだけど後ろを見る事ができなくて、
おじいちゃんが視野に辛うじて入る位しか顔を向けられませんでした。
その時目を覚ましました。

起きた瞬間は多分言葉を覚えていたけど、その後すぐ忘れてしまいました。

おじいちゃんは私が初の内孫で凄く可愛がってくれました。
私が結婚して地元を離れた後に亡くなってしまいました。
それで今、命日を確認しようと思って母に電話したら、
おじいちゃんの命日は来週の水曜、24日でした。
なんだかおじいちゃんからのメッセージがあると思えてなりません。

今迄数々のスピリチュアルチックな夢は見てきても妊娠していなかったので、
これが妊娠のシグナルだとは思っていませんが、
でもおじいちゃんが何か言いたかったのかも…と思います。

おじいちゃんが亡くなる前、危篤だと言われてすぐ地元に帰りました。
その時じいちゃんに会えて良かったと思います。
でも、それから地元(飛行機+バスor車移動)に戻っていないので墓参りが出来ていません。
出来れば年内に夫と共に墓参りに行きたいと思います。
ごめんね、じいちゃん。

テーマ : 1人目の赤ちゃん希望…お腹にもまだいないみたい…でも頑張る夫婦 - ジャンル : 結婚・家庭生活

20:39  |  スピリチュアル的な事・神秘  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。