All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005'12.31 (Sat)

婦人科病歴-仕事にあけくれ子宮内膜症 (その2)

一週間後、新しい年に変わった1月。
仕事に行く前に婦人科に結果を聞きに行きました。
仕事の開始時間(会議が始まる時間)は14時からなので、
午前中~昼は出勤時間では(一応)ありません。

診断結果は…
かなり子宮内膜症が進んでいて、このままほおっておいたら
手術になっていたかもしれない、と言われ、びっくりしました。
子宮内膜症という言葉を聞いたことがなかった事と、
そんなに酷く進んでいたのか、という2つの理由で驚きました。

そしてホッとしました。

今まで自分が生理痛か辛い、仕事に出たくないな…辛いな…と思っていた気持ちは、
怠け者だからではなかったんだ!という事が「証明された」気がしたのです。
それまで怠け者みたいな逃げる自分がイヤだなって思っていたけど、
体もこれだけSOS出していたんだったら、無理しなくてもいい、
素直に辛かったら辛いって言ってもダメじゃないんだ!と思いました。
子宮内膜症はストレスでもなる事が多いようで、
現代の働く女性にとても多い病気なんだそうです。

不妊にも繋がる病気だという事で、しっかり治療していこうと言われました。
治療方法は3つあると言われました。

1つ目は、鼻に薬を詰める?とかなんとかいう、私の中では選択肢にならないかな…
といった感じの目新しい治療で、

2つ目は薬で半年間生理を止めるもの、但しこれは高い割合で
太りやすくなる場合がある、と言われてこれもイヤだな…と思いやめました。
(しかし後からこの薬がピルだったと知り、こっちにすれば良かったと思いました。
ピルは生理をずらす為に何度か使った事があり、
私の場合、何の副作用はなかったので)

3つ目、これが私の選んだ治療法でしたが、月に一度、お腹に注射を打って
更年期の状態(女性ホルモンを抑えて生理を止める作用)にする、
というのを半年間続けました。

これは本当に痛い注射で、多分筋肉注射なんだと振り返って思うんだけど、
小さな針が沢山入った液体をお腹に注入される…というような痛みで、
毎回涙ぐみながら打って貰いました。
数年後、違う婦人科で
「子宮内膜症の治療経験があって、お腹に注射を打って貰っていた」
と言うと
「別にお腹に打つ必要はないんだけどね」と言われました。
腕とかならここまで痛くなかったのかもしれない。
お腹に打つのはその方が早く効くから、と言っていたけど…私には分かりません(汗)

子宮内膜症と診断されて気が軽くなり、仕事も今期一杯でやめようと決心しました。
仕事は好きだし、子供は可愛いけど、このままの環境で続けていたら
治療しても又再発するだろうし、気持ちが将来を見越せない所まで来ていると
感じたので、決めたら早かったです。

治療開始は確か、仕事をやめた直後から始める事にした記憶があります。
この年の1-3月は、本当に忙しくて気忙しかったので、
自分の体がどんなだったか余り覚えていません。
辞めると決めたら多少無理しても残りの月日を全うすると思えたので、
全力で頑張る事ができました。

治療の過程は又次回…

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

17:55  |  ●体質・病歴  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。