All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006'02.25 (Sat)

不妊科の待合室の風景

私が通っている不妊科は「不妊・不育専門」のレディースクリニックで、待合室にお腹の大きい人を見たことが殆どない。
妊娠してからは提携している他の大きい病院に紹介状を書いて転院という形が多いようだ。
又、妊婦さんの通院時間は何曜日の何時から何時までで…と誘導しているので、
妊婦さんを目の当たりにしたくない人はその時間を避けて通うことも出来る。
又、病院の配慮で「お子様のいる方は別階の待合室をお使い下さい」という貼り紙がしてある。
(でも子供がいてもメインの待合室で待っている人が結構いた。)

私が妊娠を望んでから、大きなお腹の人が沢山いる病院に行った事がない。
又、回りから「妊娠したよ!」という報告を受ける事も少ない。
不妊科歴がまだ短い方だし、これまで特に「妊婦さんを見て辛い」という経験をまだした事がなかった。
でも、そういう人の気持ちはよく分かる。
デリカシーのない妊娠中の人の話を聞くと本当に腹が立つ。

私が通っている不妊科は、私より年上に見える人の方が多い。
30代半ば~40才位の人が多いように見受けられる。
当然殆どの人が一人で来ているので、夫婦で来ている人以外は待合室では皆話さないで静かに本を読んだりテレビを見たりしている。

「ジネコ」というHPで、私が通っている不妊科はどう評価されているのかな?と興味があって見てみた。
私が思っているような好評価が殆どだった。

意外だったのは、妊婦さんに対する事も書いていた事。******
Aさん「○○レディースクリニック(私が通っている不妊科名)は妊婦さんが来る事もあるから、
それが辛い人は来ない方がいいかも」
Bさん「でも時間が限られているし、余りいないですよ。
その時間をさければいいかも。」
Cさん「街や婦人科で見掛ける妊婦さんを見ると辛いけど、ココで見る妊婦さんは不妊の治療をして頑張って出来た人だろうから、私はココで見る人は素直に"おめでとう!頑張って!"と思えます」
Dさん「Cさんに同意です。」

*****************************

そうだよなぁ~。
ここは不妊治療しに来ている人が圧倒的に多くて、妊婦さんを見なくていいからここに来ているっていう人も多いんだよなぁ。


私が不妊科に行ってまだ2、3回目の時の事。
40才過ぎた位の人が「注射待ちの椅子」の所に座っていた。
旦那さんと一緒で、小声で会話をしていた。
随分脚をおっ広げる人だなぁ…と視界の隅で感じていた。
すると注射の部屋から看護婦さんが出てきた。

看「あら、××さん!元気にしていた?久しぶりだね。何ヵ月になった?もう6ヶ月位?」
女性「あ~まだまだ!もうすぐ5ヶ月だよー(そう言って丸々とお腹をさする)」
そこから大きな声の妊婦的世間話が始まってしまった。

「あ、あちゃー…」と思った。
私はまだ通いだしたばかりだったけど、でもこのいっぱいの待合室の中には何回も挫折しそうになったり、
その日痛い検査等を又受けに来ている人もいるだろうし、
そんなのは不妊科に通っていた人なら分かるはず…
この人だって妊娠する前はここで治療を待っている人と同じ気持ちだったのでは?
ましてここの看護婦さんなら沢山の不妊の為の涙を見てきているはずなのに…

そう思うとその女性が脚を広げて座る理由より、思いやりと謙虚さのなさの象徴のように見えてしまった。
もし自分が妊娠出来たとしたら、今日のことは絶対何度も思い出そうと思った。

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

11:27  |  ●検査・妊娠への補助治療等  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。