All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007'01.19 (Fri)

名前、いまだ決まらず、でも蟹には命名

【9ヶ月と5日…32w5d】
里帰りまであと一週間。信じられません。
実家に帰るのに初めて、夫と離れるのが寂しいと思っています。
どんなに長い帰省でも10日程度で、「ああまだ戻りたくない~」
と言いながら実家を後にしていた今迄とは違うから…
明日はこちらでの最後の健診で、夫がエコーを見られるのが最後の日…
と言っても里帰り先の病院はエコーをビデオテープに録画してくれるので
それを夫に見せることは出来ます、が、うちはビデオではなくて
HD&DVDレコーダーなので、なかなか難しいかもなぁ。
折角ソフトバンク携帯を買ったので、実家でビデオを再生してそれを
携帯の動画で録画してメール添付、という形に挑戦してみようかなとも思っています。

夫が一生懸命考えてくれた名前
夫が考えてくれた「○○と」という名前を聞いた一週間後、
夫に『弟の子も"**と"という名前でどうしても連想してしまう』という事、
『--と』で終わる名前が多い事等から、とても良い字だと素敵だけど、
私に降りてきた名前の方がいなぁと思ってしまう、という事を言葉を選んで伝えました。
夫は「どうしてもその名前にしたい!という訳ではなかったから、いいよ。
でももう少し待って。又考えてみるから。
ねこやまの考えた名前にまだ踏ん切りつかなくて、
もっといい名前があるんじやないかと思ってしまうんだ」

と言われてちょっと残念だった。
甘いかもしれないけど、そのまま私の考えた名前で行くと思ったから…
ちなみに夫が考えてくれた名前は、真っ直ぐに育って欲しいという思いから
「直人」と考えてくれました。
当て字じゃないし、「夜露死苦」的なヤンキーみたいな付け方じゃないし、
子が40-50才になってもしっくり来る名前だし、
ストレートでとても素敵な名前!と今でも思っているんだけどね。

夫のかわいいところ-蟹の名は…
「なおと」にご免なさいをした後、夫は正月に買って冷凍してあった
礼文の蟹を解凍して食べる事にしました。
夫が早く食べたがったので、大きなボールに湯を張り、その上に浮かせたザルを重ねて
蟹が直接湯に触れないようにして蒸気で解凍させることにしました。
夫は「直人、今食べてやるからな、待ってろよ」と蟹に話しかけていました。
私はブハッと吹き出してしまった。
「えっ、蟹に直人ってつけたの?!」

「うん、直人とは今日でお別れだ(´ω`)b」
と…
私は思わず夫をギュッと抱きしめて「折角考えてくれたのにゴメンね~!
まさか一生懸命考えた名前を蟹につけてしまうとは…(泣き笑い顔)」

と言うと夫は「その気持ちだけで十分だよ
と"直人"の角度を変えたりして早く解凍出きるように工夫していました。
夫のおちゃめさがかわいいやら、何か申し訳ないやら…
この蟹に命名した事はいつか子に話してあげようと思います。

「想像力を持って生きて欲しい」という思い
まだブログに続きを書ききれていないのだけど、私が夫から
「野球をしたらバカになる義母の理不尽発言後に夫が不良になった」話を聞いて、
それから今夫がまともに生きている事は奇跡でもあるし凄いことなんだと思い、
そして夫の根性を凄いなぁと考えていた事を夫に話しました。
(詳細は「嘘つきな親、無言な親」シリーズでゆくゆく完結させます。)
夫は私がそれを汲取ってくれていた事に感激していました。
「親は世代も違うし自分がどんな風に当時考えたり過ごしたりしていたか
想像出来ないから理解して貰おうとして無駄で仕方がないんだ」
という事を言っていました。
でも私は「親とは世代が違うのも世界が違うのも当たり前だし、
親はそれを分かって子どもを育てるわけだから、それは言い訳にはならないと思う。
子も親も想像力が大事で、想像力が乏しいと人生損をしたり勿体ないことになるよね」

と。夫もそれには大賛成してくれました。(まだ書きたいけど続きはシリーズで…)
その時に「ココロ(胎児名)には経験したことない事でも想像力を持って
生きて欲しいから、"想"という字もいいなーと思っていたんだ」と言うと夫も
「俺も思っていた!いいよね」
と言っていたのでその字を使った名前を幾つか考えてみました。

それを昨日、仕事中の夫にメールで送信。
帰宅してから「どうも思う?」と聞いたら、"想"を使った候補は余りピンと来なかったらしい。
「そうかぁ…ダンナ君が"想像力を持って欲しい"という思いがあると聞いたから、
それでダンナ君の思いを込めたくて考えてみたんだ~。
お父さんの思いがこもっているんだよ、と言えたらココロも喜ぶと思って」

と言うと夫は喜んで「俺の思いを入れてくれて有難うね。
俺ね、○○(私が推す名前)って結構いいと思っているんだ、うん、かなりいいと思う」

と前回とは違った反応を見せてくれました。私は嬉しくなったけど、
そこで決めようとしないで
「本当?でももう少し考えてみようか(´ω`)」
と言ってその話を終えました。
夫も自分の思いが尊重されて満足してきたのかな?
○○に決まるといいなぁ。
やっぱりどんな名前が浮かんでも、私にある日降りてきた名前である○○にはかなわなくて…
でももう少しで決まると思います♪

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

21:15  |  ●妊娠8ヶ月~  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。