FC2ブログ

All archives    Admin

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2008'09.16 (Tue)

ポメと子の関係

●ポメは立派にお姉ちゃん
前回帰省した一月はハイハイと掴まり立ちしか出来なかったココすけも今では歩くようになり、
ポメを追い掛けるスピードもUPしました。
ポメの方が速いので安心なのですが、
悪気なしに遊びのつもりで持ってるぬいぐるみや紙をポメに投げて逃げる様子を見てキャハハと笑っています。
幾ら悪気なしにポメと遊んでるつもりでもポメが可哀相なので、
その度に「ポメちゃん痛いでしょう、優しくだよ」等と言ってます。

叱られていけないって分かってるのにしつこいな…と思った時は目を見て叱り
「ポメちゃんそんな事されたら痛い痛いなんだよ!ポメちゃんごめんね、は?」
と手の甲を叩いています。
根性あるというか、めっちゃ強情っ張りなのでなかなか謝らず首を振ります。
しまいには私を叩き返してくる始末。
全く痛くない"叩くふり"のようなものなんだけど、
悪い事して叱られて反抗してくるって事が問題なので更に甲を強めに叩きます。
たいていそれでごめんねとはならず、叱られ叩かれ叩き返す…の繰り返しをします。

強情っ張りなのは性格なので、私も謝るきっかけのトスを上げるようにしてます。
ポメをヨシヨシ(ごめんね)し易いようにしたり、「ごめんねして仲直り、仲良ししよう?」
と優しい声で言ったり。

強情っ張りなガキんちょとしつけたい母の戦いの最中、
当のポメは私と子の間に割って入り、私の手をペロペロ舐めたり鼻面で持ち上げてみたり、
まるで「怒らないでね、遊ぼうよ」と言ってるみたい。
自分に関係ない時も毎回そうで、叱られる子と私の間に入って仲裁してきます。
本当に優しいお姉ちゃんだ…と感動しながら「ポメちゃんはいい子だからそっちに居てね」と、
ポメを抱き上げてよけるのだけど又戻って来ます。

子の事を"小さい子"とちゃんと認識してそう扱うポメの度量に感謝と感心です。
ポメにとってはうるさくて乱暴な存在だろうに、庇うなんて。
又散歩して遊んでやろうって益々思いました。

最終的にごめんねをしてるので結果オーライとしてます。
背中の毛をワサワサと撫でて仲直り。
ポメ、ごめんね、有難うね!

●ポメの面倒をみたい
一応子も子なりに小さいポメの面倒をみたいと思っているらしく、
ご飯をなかなか食べない(あんたがチョッカイかける落ち着いて食べられないからだ…)
ポメの所に行ってお皿から一粒一粒指で渡して食べさせたりしてます。
ポメも相手して食べてくれたり途中で飽きたり。
落ち着かなくて食べ切れないってのが大きいと思うので、
子を連れ戻し別の事にテンション向けさせるようにはしてます。
写真はその時の様子です。
20080916101033
10:10  |  ポメラーニアン!  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |