All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'09.17 (Thu)

母子の根比べ (その1)

(実家滞在中-PCナシの携帯メール更新)
育児(躾や親の葛藤に入るかな?)の奮闘話なのでお付き合いいただける方のみ…よろしくお願いします。
~~~~~~~~

積もり積もった「ついつい」がいつかは習慣や定着となってしまう事があります。
それは子育ての事にもあてはまり、実家が遠くて結果として母子密着型育児になってしまうと余計にソレはあてはまる気がします。
経験者がズバリと指摘してくれる事ってなかなかない環境だもんね。

●ハッとしたこと●
実家に来てから二週間経ちました。
母もココすけ(2才半)の様子を見て、返事が良い・ケジメをつけた・実家でもオマルでして偉いとか褒めてくれる事が多かったのですが、「我(が)を通そうと"わざと泣き"」については注意しないと大変になると言われました。
私もハッとしました。

●積もったもの●
今日、久しぶりの温泉一泊から帰宅しました。
へとへとながらも昼寝をせず遊び、いよいよ眠くてたえられなくなり、いつものタオル(赤ん坊の時からこれがなくては生きていけないって位の執着)を要求してきました。
タオルを渡し、座布団二枚を並べてその上にトーマスのバスタオルを敷いてやると、タオルを引きずりながら自分からゴロンと横になりました。
その後新幹線のDVDを見たいとリクエストしてきました。
きかんしゃトーマスを見ながらだとコロっと寝てくれるので
「トーマスのにしたら?」と言っても「しんしんしん(新幹線がいい)!」と半ベソ。
古いトーマスのDVDだとナレーションは森本レオ氏で、彼の声が本当に良い睡眠導入剤になってくれます。

でも新幹線の方は見せたくありません。
指をさしながら興奮してしまい眠気が吹っ飛ぶからです。
じゃあ寝かせなければいいと思えたらいいんだけど、この状態で寝なければ泣き易いし機嫌が悪くなるので面倒になります。

だから嘘をつきました。
「新幹線のはアーちゃん(私の妹)が貸してね、って仕事に持ってっちゃったよ。
だから今はトーマスしかないよ」
これでスイッチオン。
「しんしんしん、しんしんしん!」
と言ってギャン泣きし、ちょっとの攻めぎ合いが続きました。実家はアパートで近所の人に迷惑かけたくないのもあるし、半ば面倒になって新幹線のをセットしようとしました。
すると母が「トーマス嫌ならテレビ消すよ!ココすけちょっとわがままだよ!」
といつもより低い声で叱り、それでまたギャン泣きに"わざと泣き"も加わりました。

●これじゃいかんと思い…●
私も本気を出して「トーマスしかないよ。トーマス嫌なら何も見せないからね!テレビ消すよ」
と言ったけど、相変わらず…
なので本当にテレビを消し、泣いても無視しました。
母は「私なら叩いてる所だわ」と言っていたけど、こういう状態(目上に対して生意気な態度でもなく、注意した事をすぐやって大変な事になる等ではないので)で叩くのはしません。
私がよく叩かれて育ち、その経験から叩くのは余程の時としたいので。

ギャン泣きし続ける息子は鼻を垂らしながら安心する為に例のタオルを体に巻き付け、新聞を読んでポーカーフェイスする私の前に座りました。
もう疲れてて時々泣き止むんだけど、また思い出したように泣いたり。
根比べが続き「ココすけ、わがままだよ。ダメなものはダメってわかった?」
この言葉にはハイとは言えずとも泣き止もうとしたので「抱っこする?」と言うとうなずき、その後抱っこで眠りました。

●現状●
叱りながらもギャン泣きする事で最終的に子の要求を通してしまっている。
ぼんやりしていた訳ではないけど、その事実を見ていないまま流れて今に至っていました。
『わざと泣きしてるって言う事はアピールであり、こうやってればなんとかなると知恵がついてる証』
だと母に言われ納得しました。
言われてみたら…という日々の事例も思い付きました。
それが色濃く出てるのは出かける前のドタバタです。

●出かけ前パニック野郎のこんもりバッグ●
「出かける」と言うと息子ワタワタしてパニックになります…
これが今本当に困っています。
緊迫した声で「ない!?、ない!」と言って何かを探し、見つけたらバッグに詰め放題大会が始まります。

例えば実家滞在中のある日。
家から連れて来たしまじろうとはなちゃんを詰め、電車の本も入れようとし、それをバッグに入れられないと言っては泣き、入れてやればやったで今度はまた「ないっ、ない!」が始まり、妹から借りてるクマコ(プロフィール写真にあるぬいぐるみ)とリラックマを探して入れ、しまいには例のタオルを詰め込もうとします。
子供のバッグだから上記の通りで一杯一杯どころか入り切りません。
持つ所に手が入らないくらいぎゅうぎゅう。

自分家でも似たようなもので、"しま&はな&本"はいつもバッグに入れて出かけてます。
ほとんど自分で持って歩いてくれるけど、出先で夢中になる時や寝てしまったら結局私が持つことになります。
子供にとって無駄な事は何もない、なんて聞きますが、例えそうでも本当に邪魔で厄介で迷惑です。
うち(ねこやま家)は車ナシの徒歩&電車暮らし。
荷物が多くなるのは移動がしんどいので少しでも身軽に動きたいのです。
「無駄な事は無駄なんじゃ!!」と叫びたい日もあります(>_<;)

~続く~
00:06  |  ■母業・子にまつわる事  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。