All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'12.27 (Sun)

「お兄ちゃん達」と「時計の約束」

随分ブログを放置させていました。
書きたいことは山積みなのだけど、ゆっくりPCに向かって文章を綴る程の余裕は作れなくて、
ポメラを出そうにも横から子が手を出してきて日本語めちゃくちゃになって打ち直す…
ゆえにイライラ!となる事は嫌で、結局年末になってしまいました。
携帯で途中まで打ってゆくゆく携帯メール更新しようと思っていたのだけど、
なかなか完成しないまま内容が古くなり後回しにしてしまいました。
今日はその下書していた携帯メールをPCに引っ張り出して打っています。
コメントもそのままになっていて申し訳ないです。
まだ返信終わっていない方には何らかの形でレスをつけたいと思っています。
時間がかかりすみません。


●ヤンキーっぽいお兄ちゃんたち
ある寒い日の事。
1時間弱公園の砂場にいました。
砂場の縁不リースの薄い膝掛けを座布団にして腰掛けて一緒に遊んでいました。

その公園に入る時のこと。
砂場セットを息子に持たせて公園の門をくぐる時、砂場とそれに向き合うベンチに
高校1年くらいのヤンキーみたいな、いわゆるガラ悪そうな男の子が5人くらいました。
自分一人じゃ絶対関わりを避けるけど、
子の大好きな砂場はこの辺りじゃココしかないのでそのまま公園に入りました。

お兄ちゃんたちの一人は孫悟空のように棒のようなものを頭の上で回転させている子もいました。
しかもその子が砂場の中に立っていました。
皆ズボンを腰履きしてイマドキの子。
中にはサングラスまでつけている子も。
だけど直感的にその子達が本当に嫌な感じはしなかったので、砂場に入る前に一応、
「ここ遊ばせても大丈夫ですか?」と聞きました。
聞いたら快く避けてくれて、砂場を会開放しベンチに寄ってくれました。

ついでにEXILEアツシみたいなサングラスの子が
「あの滑り台やめた方いいっすよ
なんかオシッコしたみたいな跡がついていたから」
って。
その親切に「ありがとう」と言って砂場で遊ばせました。
見た目はワルだったけど、会話を何となく聞いてると(近いのでまる聞こえ)、
一人がやんちゃしようとしたら誰かが「危ないからそこでやるなよ」とかたしなめていたので、
なかなか好感持てました…
とは言え、小さい子と私、そしてお兄ちゃん達だけだったので、
事故的な事などで危険なことにならないように気は張っていました。

●成長
砂場が大好きで、前に来た時は帰らないと言ってギャン泣きし続けた事がありました。
なのでこの時、遊ぶ前にココすけには
『公園の大きな時計が「2」になったら帰るからね』
と言っておきました。

時計の1がちょい過ぎた頃、私は「2」で帰れるようにと
バケツやスコップの砂を払ってしまい出したら半泣きしたので、
「じゃあもう一度山作ったら帰るって約束出来る?」と言ったら
ウンと言うので、
寒くて早く帰りたい私の方は急いで砂をバケツ入れて山を作りました。
こんなに早く山を作ったから物足りなくてもう一回と言うかな?とも思ったけれど、
納得して「ないない」と言って道具しまい出しました
すごく偉い、ケジメつけられたね。と褒めました。

道具をしまい終えた時「ママ、時計、2、なった」と時計を指さして報告してきました。
私が時計が2になるまでって言ったのに
1を過ぎて帰り支度したから納得いかなくて、
約束した2になったから帰るって事なんだなって思ったら、
大人の感覚で約束したり事を進めちゃしちゃダメだなって発見した日になりました。
なんかとても成長を感じました。

あと3才まで2ヶ月半。
三歳過ぎると少し楽になると聞くので、その言葉は本当だったと実感する日を心待にしています。

テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

15:36  |  ■母業・子にまつわる事  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。