All archives    Admin

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'03.04 (Thu)

話し合いの結果

久しぶりのPCからの更新です。
全然更新していないのにカウンターを見たら毎日変わらず多くの方が訪れてくれていることに、
申し訳ないやらありがたいやらな気持ちです。
コメントをいただいてもずっとお返事滞ったままでいたり、なかなか更新もできないので
いっそ暫くブログ自体をお休みにしようか…なんても思ったりしていたんですが、
コメントを中止させていただく事で折り合いをつけて、
自分のペースでやっていこう!と思いました。
過去の記事でお役に立てたという事もコメントをいただいて分かったのだし、
こんなつぶやきでも何かの参考になればと細々と続けていこうと思いました。

前回夫に爆発した後、話し合いは延期、延期でやっと2月の終わりの日曜にしました。
あんなに私が爆発までして訴えたのに染み込んでいないのかよ…
という日々に本当にストレスが溜まっていたのですが、
その甲斐あってか(こんな《甲斐》ならいらない!)全面的に私の言うことを認めてくれ、
きちんと話も聞いてくれたのでスッキリしました。

爆発の日、爆発最中後半、夫に
「そんな風になる(爆発してキレる)前に言って欲しかった」と言われたんです。
でもね、私はちょくちょく日々言ってきたんですよ。
「まず布団から出なさいよ」「こんな時間なんだからいい加減テキパキ用意してよ」とか「起きなさい」とか。
中学生かよお前は!と思うと言いたくない当たり前のことを言ってきたんです。
でも《それでもしない》から呆れて言いたくもなくなるけど、
態度に出したり一言言ったりしてきたんです。
それを言うと
「それはねこやまがその時(朝遅い時)気持ちをぶつけているだけでしょう?」
と言うので、それは違うだろうと。
勿論気持ちも入るよ。
いい加減にしろ!という気持ちが。だらしないぞ!という気持ちが。
言っても言っても言っても直らないから爆発するんでしょう?---というのが1つ
そしてもう1つは話し合いやこちらが何か自分に不利なことを言うもんなら、
すぐいじける、暗いことを言うから話し合うパワーがわきにくいという事。
わきにくいからしなくていいという訳ではないんだけどね。
「でもそのネガティブさをフォローしたりしなきゃいけないエネルギーは今はない」
とハッキリ言いました。
夫は、自分でも最近の俺ってマイナス思考だったりネクラな所が見えてると思ってた、と言いました。
仕事でかなりのストレスがある事も具体的に聞きました。
それについては本当に可哀想になってしまったんだれど、
それだから朝遅く行くのがいいという訳になる事もないし、
息子との触れ合いをおろそかにしてもいいという訳にはなりません。

私が爆発する前に2回、夫のPC宛にメールしているんです。
朝遅いことについて私は限界感じている、ココすけにあんな所見せないで・言わないでということなど。
フォローまじえて書きました。
その時は分かったような感じの反応なんだけど、継続しないから爆発するんだよね。
ああ、私いきなり爆発した訳じゃないじゃん、小言(いや、注意だ!)だけでなくちゃんと訴えていたじゃん。
でもその後暗いメール送ってきて、それとなく私が片付け下手なこと言って帳じり合わせようとしたり。

とにかく話し合いの前までは夫のやることなすこと全てに
「心の端をギリギリと切れないノコギリで削られていくような感じ」があって、
本当にどっと疲れるし育児にも悪影響だし嫌になりました。

爆発の時、実家に帰りたいと言えば「帰り過ぎだ」「行ったら長い(期間滞在する)」だの言ったので、
(補足…私の実家は飛行機でないと行けないところで、結婚して今の土地に住みました。
実家に帰るのは今は年に2回程度です。)
「誰が帰りたい気持ちにさせているんだ!
ねこやまにはダンナ君しかいないんだよ!
そのダンナ君が味方になってちゃんとケアしてくれなくてどうするの!?
帰って気持ちおちつけて、くらいの思いやりはないのか?!
ねこやまとココすけは《ただ「居ればいい」》のかい?!
私は誰の助けも借りないで一人でココすけ育てているんだ!
帰りすぎとか酷すぎる!そう思うなら自分がちゃんとしろ!」
と言いました。
これは相当大きな破壊力のパンチになったようです。
「居て欲しいならもっと家族のこと考えろよ!」とも言いました。
普段乱暴な物言いは喧嘩の中でも使わないんだけど、爆発した時はかなり語尾男言葉になっちゃいました。
夫がそれはあんまりだろう?と言うことを言ってきた時だけですが。

あと私が言ったのは
「私の課題の整理整頓も、ダンナ君の課題もどちらも当たり前にやらなきゃいけないことでしょう?
理屈うんぬんじゃないんだって。
整理整頓も家事育児大変でもしないといけないこと。
朝早くに仕事行くことも、休みの日は子どもとちゃんと向き合う事も当たり前のこと。
理屈じゃないんだよ。やるしかないんだよ。それでねこやまはこんな工夫をしているよ」と、
日常の掃除洗濯炊事以外にした、毎日やらないような整理整理や掃除をしたら
ノートに書くという事をし始めたと話しました。
私の本気が伝わったようで良かったです。
私も継続しないと。

なんだかまとまりがなく思い出したことを次々綴ってしまったけれど、
時間になったので部屋を片付けます。
まだまだ色々、このこと以外でも書きたいことあるのですがゆっくりと…

テーマ : 旦那さんのこと。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

23:16  |  夫婦のこと  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。